フィンランド・ログハウス・ミニログハウス・マシンカットログ・未加工ログ・北欧の家・セルフビルド・サウナ・北欧の薪ストーブ・北欧の仕上材
トップページ ログハウスについて モデルプラン 業務案内 コラム リンク集 お問い合わせ
新着情報
2017/03/07
僕の第二の故郷でもあり、北海道のほぼ真ん中に位置する美瑛・富良野を主に、
厳しいが故に美しい大自然の姿を撮り続けている。
私の憧れでもあり応援する写真家中西敏貴氏の四季折々・・・
とっておきの一枚をご紹介します。

今回の作品タイトルは『氷点下20℃の朝』です。

2月はアッという間に去り、三寒四温の巷では春の訪れを告げる話題ばかり

・・・ですが、美瑛界隈では未だ冬真っ盛り

このタイトルのとおり、つい先日も20℃を越えるシバレだったとか!?

当地では、氷点下になるだけでも、十二分に体感は凛としているんですが

やはり、冬の厳しさとは比較対象になりません。・・・当然ですが!!

すっかりしっかり、身体が生まれ育った土地の気候に順応してるんです。

こちらでは、季節の花は梅から桜へと移ろいつつあるのに

北の大地では、まだ一ヶ月は冬です。



***このページを素晴らしい感動的な作品で飾って頂いている
写真家の中西敏貴氏の写真集、カレンダーなどが多数発売されています。
詳しくは、下記のHP叉は、アトリエnipek の 
http://nipek.net/ からお申し込みを!!
皆さん、是非一冊どうぞ!!


作品をもっとご覧になりたい方、写真展等の詳細は、
中西敏貴氏の公式ホームページをご覧ください!
http://www.northern-works.com

※この写真は中西敏貴氏の許可を得て掲載させていただいています。無断転載は固くお断りいたします。